頑丈な🏠

公開日:

カテゴリー: スタッフの日常 | 不動産 | 資金計画

こんにちは♪ 営業サポートのAです(*^^*) 

コロナウィルス感染 拡大のため、いろんな施設が休業し、外出もままならない日々でしたが

近頃は新規感染者数もゼロが続き、熊本では緊急事態宣言も解除となりましたね。

気を緩めてはいけませんが、少し明るい気持ちになりました。

 🌳 🌳 🌳

熊本地震から4年、熊本は復興に向けて頑張っています。

家を建てるうえで、「丈夫な🏠」を建てるためには

地盤のチェックと地盤改良が必要になります。

ご存知ですか??家の重さ。

延床面積が40坪位の住宅なら家財道具や車などを含めて

重さは約70トン。

毎日過ごす中でなかなか意識しないですが、ふと考えてみると、私たちの住む家を支える地盤ってとても大きな負荷がかかっているのです。

地盤の強度の調査と改良工事

そう考えてみると家を建てるとき、敷地の地盤はこれから建てる家をきちんと支えられる強度を持っているのか?

心配にもなりますよね。

そのため、家を新築する前に必ず行うのが地盤調査です。

地盤の性質はどうか?またあまり強くない場合はどんな改良工事が必要かを調べてもらう必要があります。

地盤は様々。

同じ分譲地内のお隣の区画が地盤補強無しだったとしても、、

調査をしてみると自分の区画は補強しなければいけないこともあります。

さらに1つの敷地でも固い地盤と軟らかい地盤が混ざっていたりもしますので、専門業者によるきちんとした調査が必要となります。

 

地盤改良には費用がかかりますので、当初の資金計画から予算を考えておくことが大事です。

でもしっかりと改良を行うことで、

住んでから何十年と家族の安心、安全をまもってくれます😌