個人民事再生

公開日:

カテゴリー: 不動産売却


個人民事再生

個人民事再生(住宅ローン特則付)をお考えの方

住宅ローン延滞の第一の切り札は個人民事再生手続(住宅ローン特則)です。

個人民事再生手続(住宅資金貸付債権に関する特則)とは

住宅ローン以外の借金を裁判所の認可を得て減額してもらい、その減額された金額を原則として3年間で支払っていくという手続きです。住宅ローンはそのまま支払い続けることができるため、住み慣れた家を守ることができます。

住宅ローン再生の3つのメリット

  1. メリット1 住宅を残すことができます。認可されると競売は取り消しとなります。
  2. メリット2 住宅ローンについては返済条件の変更により無理のない返済が期待できます。
  3. メリット3 住宅ローン以外の債務については大幅に減額できます。(おおむね5分の1程度)

個人民事再生の詳細についてはこちらへ