任意売却と競売の比較

公開日:

カテゴリー: 不動産売却


任意売却と競売の比較

早期解決のためには正しい知識が必要です。
任意売却と競売ではこんなに違います!!

【 任意売却と競売の比較表 】

比較項目 任意売却 競売
売買金額 市場価格に近い金額 市場価格の5割~7割程度
プライバシーの保護
(家族の安心感)
ご近所にも知られずに売却可能。 近所や勤務先に知られる可能性あり。噂となる。
引っ越し代 金融機関との合意により捻出できる場合が多い。 捻出不可能(自分で準備)
残債務金額 競売より多くの借金を減らせる。 売却になっても多額の残債務が残るケースが多い。
残債務についての処理 金融機関との話し合いにより、できる範囲での分割返済も可能。 残債務を一括請求される場合もある。
売却後の
アフターサービス
弁護士や司法書士、税理士などの専門家の相談が受けやすい。 自分で対処するしかない。
解決までの時間 1ケ月~4ケ月程度 6ケ月以上。残債務についての解決は困難。

任意売却と競売を比較すると、どちらが得かは一目瞭然です。

競売は所有者の意思とは関係なく自宅が処分されてしまいますが、任意売却だと見た目は普通の売却と変わらないためにプライバシーも保護され、家族も安心して過ごせます。