不動産の買い替え

公開日:

カテゴリー: 不動産売却


買い替え計画の立て方

不動産の買い替えには、現在所有しておられる不動産を先に売却する方法(売り先行型)と、購入を先行する方法(買い先行型)の二つの方法があります。
どちらの場合でも、物件の引き渡しの時期をどのように調整するかがポイントとなります。それぞれに、メリット・デメリットがありますので、お客様のご事情、ご要望をお伺いしまして、だんだんホームがベストな買い替え方法を提案し、迅速に対応いたします。

【売り先行型・買い先行型の比較表】

売り先行or買い先行 メリット デメリット
【売り先行型】
ご自宅を売却してから新居を購入する買い替えの方法です。

・売却代金が確定するので、資金計画が立てやすい。

・じっくりと売却活動ができるので、売り急ぐ必要がない。

・引き渡しまでに、購入物件を決めなければならない場合は、仮住まいが必要になる。

・仮住まいになると引っ越しが2回となり余分な費用と労力がかかる。

【買い先行型】
新居を購入してからご自宅を売却する買い替えの方法です。

・じっくりと購入物件を探せるので、気持ちに余裕がある。

・空き家にしてから売却できるので、傷んだ箇所を補修してから売り出せる。

・購入資金を先に準備しなければいけないので自己資金が必要になる。

・売却価格や売却時期が確定していないため、資金計画が狂う可能性がある。

どちらが得かは一概には言えませんが、自己資金で購入できるほど資金力がある方でしたら、買い先行型のほうがメリットが大きいようですが、そうでない方は売り先行型が安心と思われます。

【買い替えにおけるだんだんホームの強み】

だんだんホームは地域密着型の店舗と営業スタイルにより、どこよりもいち早く、より多くの物件情報をお客様にお届けすることを使命としておりますので、買い替えもスムーズにできると思います。不動産の買い替えはだんだんホームにお任せください。