売買契約書における確認方法

公開日:

カテゴリー: 不動産


こんにちは。 Ⅿです。

今回は、不動産の売買契約書の”雰囲気に流されない”確認方法についてマトメてみました。

まず、売買契約書は売主と買主の約束事をまとめた書面です。

【構成】

  1. どこからどこまでを(不動産の特定)
  2. いくらで売買し(売買価格)
  3. どうしたら解除となり(解除条件)
  4. 問題があったらどう対応するか(瑕疵担保責任等)

を軸としてまとめたものです。

専門用語は少ないのでわかりやすいと思います。

③解除条件④瑕疵担保責任等はやや難しく思えるかもしれません。

「誰がどのような状況下でどうしたらそうなるのか」というように、主語を押さえたうえで確認していけば、大きな勘違いをふせげるでしょう。

ご参考までに