新築戸建・中古戸建のメリット・デメリット

公開日:

カテゴリー: 不動産


熊本市の不動産のことならなんでもお任せ!だんだんホーム ★

こんにちは♡営業サポートながくらです (^^)/

今回は「新築・中古戸建のメリット・デメリット」についてのご紹介です★

「一戸建てを購入したい!」となったときに新築にするか中古戸建にするか迷われたことがある方、たくさんいらっしゃると思います。

せっかく一戸建てを購入するのなら「新築戸建・中古戸建」どちらにしても後悔をしないように購入したいですよね (^^)/

「戸建購入を検討してるけど迷ってしまう・・・」なお客様、少しでもお役に立てれば嬉しいです(^_^)v 

それではまず新築戸建の方からまいりましょ~ヾ(≧▽≦)ノ

 

新築戸建

メリット

*新築戸建に住む・未入居住宅に住むという満足感

気持ちの問題ではありますが新築戸建希望の理由でほとんどの方があげているそうです!

*維持費が安くすむ

新築戸建ですので最新の設備などでだいたいですが10年くらいは手を加えず住むことが出来ます!

*新築保証がついている

すべての新築には新築保証があるため、数年は安心して暮らせます!

デメリット

*予算が合わない

新築戸建と中古戸建で迷われてる方のほとんどの理由になります。やはり新築戸建というのは中古に比べると予算が高いです(>_<)

*立地は郊外が多い

利便性のいい場所や駅前などはすでに建物が建っているのがほとんどなので建てるとなると郊外の場合が多いです。

 

中古戸建

メリット

*新築戸建よりも購入価格が安く抑えられる

なんといってもここがいちばんの魅力と感じる方が多いと思います ★

新築物件も色々な魅力ありますがいちばん重要視されているのが「予算」!

中古建購入は予算を抑えて安く購入することが出来ます!

*建物や建物がある状態を見て確認・判断できる

実際に建っている物件を自分の目で見て確認することが出来るので気になる日当たりのことや風通しのこと、お部屋の雰囲気しっかりと把握することが出来ます!

*住宅地として成立していること多いので利便性が高い場合が多い

新しく土地開発が進んでいる場所は駅やスーパーから離れている場合もあります(>_<)便利な場所はすでに住宅街になっているからです!

中古戸建は新しく開発された土地よりも公共施設や防犯体制などしっかりしているのでスーパーが近かったり学校が近かったりなどとても暮らしやすい環境になっているところがほとんどです!

デメリット

*築浅物件が少ない

当たり前のことですが「古い」というのが中古物件の大きなデメリットではないかなと思います。

*傷んでいる箇所がある場合、修繕・改修工事が必要

家は築年数が経過するほどやはり傷みが多いものです、、(>_<)

特に水回りなどは傷みやすいので別途リフォーム代がかかったりもします。

*住宅ローン控除が受けられない場合がある

家を購入する際にほとんどの方が利用する住宅ローン。しかし中古は受けられない場合もあります(>_<)

中古物件の場合は「新築物件のすべての条件+築後20年以内(木造戸建ての場合)」の条件を満たさないと住宅ローン控除が受けられません。

 

新築戸建も中古戸建も一長一短

新築と中古の代表的なメリットデメリットはこんな感じでしょか、、、、、

メリットデメリットはこれだけではなく新築といっても建売や注文住宅でもまた変わってきますよね、、、(>_<)

注文住宅だと家が建つまで実際に見ることが出来ないのでイメージがわきにくかったり、建つまでに時間がかかったり、、

建売りの新築の場合は希望の間取りでなかったりするなど他にもはたくさんあると思います!

中古戸建のデメリットであげたリフォーム、プラスにするなら「好きなようにリノベーション出来る♡」とも考えられます ★

新築戸建も中古戸建も良いところ悪いところどちらもあり実際に住んでみないと分からないこともたくさんあります!

どちらを購入するにしてもメリット・デメリットはあるのでご予算やこだわりなどご自分に合った物件探しをすることが後悔しない買物の一歩だと思います ♡

みなさまのこだわりや条件などぜひたくさん聞かせていただき後悔のない買物のお手伝いができればと思います ★