建ぺい率を見落とすと希望の家が建てられない

公開日:

カテゴリー: 不動産  タグ: 


各土地にはエリアによって建ぺい率が決められています。

建ぺい率を見落とすと、希望の広さの家が入らないことがありますので、注意が必要です。

建ぺい率とは?

建ぺい率とは、その敷地をどのくらい使って家を建ててよいかという敷地に対する家の建築面積の割合のことです。

用途地域や土地の条件によって30%・40%・50%・60%….と定められています。

例えば、100坪の敷地に建ぺい率60%の場合、建築面積(1階の床面積)60坪まで建築が可能です。

 

100坪の敷地に建ぺい率40%の場合、建築面積(1階の床面積)40坪まで建築が可能です。

 

希望の広さの家が入らない!

実際にあった話しですが、ずーっと探していたエリアに、待望の土地が出ました!!

土地60坪。建てたいお家は30坪、余裕で入るし、車2台だって十分駐車できる!!

人気エリアなので、他の人が申し込む前に・・・

と急いで弊社にご来店されたA様。

しかし、結局A様のご希望のお家は建てることができない土地でした。

何故建てられないのか

A様のご希望は平屋の30坪のお家でした。

建ぺい率の制限によって、30坪が入りませんでした。

 

A様の場合は敷地60坪 建ぺい率40%の地域であったので、平屋でしたら24坪までの家しか建てることができません。

60坪(敷地)×40%(建ぺい率)=24坪(建築面積)

 

建ぺい率40%の土地に30坪の平屋を建てたければ、

30坪(建築面積)÷40%(建ぺい率)=75坪(敷地)

75坪の土地を探さなければなりません。

 

建ぺい率は物件資料に必ず記載してあります。

物件概要書はだいたい以下のようなフォームになっています。

必ず、記載してありますので、購入前に確認しましょう。

建ぺい率を確認したら建築士などの専門家に相談し対策を

建ぺい率を確認したら、土地を購入する前に希望の間取りの家が建てられるかどうか、建築士などの専門家に確認してもらうことをお奨めします。

特に、狭小地の場合は1㎡の差でも希望の間取りに影響する場合があります。

また、バルコニーや玄関の庇が建築面積に入るかどうかなど、判断に迷う場合もありますので、注意が必要です。