不動産購入時にかかる諸費用とは?

公開日:

カテゴリー: 資金計画


不動産は非常に高価な買い物です。

一生に一度の買い物になるかもしれません。

ですので、それに関わる「お金」が大変重要になってきます。

今回は、不動産購入時にかかる【諸費用】についてご説明します。

ローンで不動産を購入する場合、住宅ローンを組んで月々支払う不動産の代金の他、諸費用というものがかかります。

諸費用の主な内訳は税金や手数料で、新築の場合は3~5%、中古の場合で6~8%くらいがかかります。

主な諸費用

【不動産取得に関する費用】

  1. 売買契約印紙税
  2. 登録免許税
  3. 登記手数料
  4. 不動産取得税
  5. 仲介手数料

 

【ローン手続きに関する費用】

  1. 住宅ローン印紙税
  2. 融資事務手数料
  3. 住宅ローン保証料
  4. 火災保険料
  5. 団体信用生命保険料 

 

※新築マンション・戸建、中古物件にするかで諸費用の項目は変わります。

不動産の諸費用は意外と大きい

何千万に対しての3%~8%ですから金額も馬鹿になりません。

100万、200万というまとまった金額が諸費用として必要になりますので、前もって準備していないと苦労することになってしまいます。

せっかく資金計画を立てて無理のない住宅ローンを組めたとしても、諸費用のために予定になかった諸費用ローンを別に組むことになったり、手元に残すべき現金を充ててしまってたら元も子もありません。

他にも引越し費用や、もし贈与を受けたら贈与税もかかってきますし、マンションの場合は管理費などの精算金も発生してきます。

また戸建ての場合では水道加入金の負担があったりする場合もございます。

資金計画を立てる時には、諸費用のことも考えましょう

だんだんホームではお客様から資金計画のご相談いただいた際、まずは希望される物件とご予算をおうかがいします。

その上でお客様の状況や生活にかかる費用を踏まえ、さらにこの先迎えるライフスタイルも想定しながら、無理のない住宅ローンをご提案させていただいております。

物件価格も希望される金額より高額な物件をむやみにお奨めしたり、強引に売りつけるようなことは絶対にいたしません。

合わない物件は「合わない」とも誠意を持ってお伝えしています。

住宅ローンや必要な諸費用を踏まえて資金計画を立てるのは難しそうで心配だと言う方が多くいらっしゃいます。

「こんなこと聞いていいのかな?」と遠慮なさる必要はありません。

プロである私たちにお気軽にご相談いただければと思います。